節約のイメージ

節約という言葉を聞いて、どんなイメージを抱くことが多いでしょうか。節約=我慢、節約=切り詰めるといった、どちらかというと負のイメージがつきまとうのではないでしょうか。 金銭感覚には当然個人差があります。いわゆる江戸っ子の「宵越しの金は持たない」という、今この瞬間を満足させるためにお金をつぎ込んでいる人もいるでしょうし、将来のもろもろの備えを考えて、日常的にコツコツと貯金に努める人、欲しいものがある・旅行がしたいという目的を持ってお金を貯める人など、お金の使い方は十人十色といっても良いでしょう。

また、今の日本では将来への明るい展望が見えないという人が多く、年金は十分にもらえるのだろうか、医療費・福祉サービスの自己負担などはどうなるのかなど、老後を安心して過ごすことができるかどうか、不安に思う人も多いものです。 そうなると、元気にお金を稼ぐことのできる今、ある程度の節約に努めてコツコツと貯蓄をしておく必要性は誰にでも該当するのかもしれません。

国の制度が信用できないとなると、自分の身は自分自身で守らねばならず、さらには家族がいれば家族の分まで備えを考えなければなりません。 今この瞬間を目いっぱい楽しむことを優先したいところですが、将来のためにグッと我慢して貯えを増やすことを考えねばならないでしょう。 しかし節約は決して楽なものではありません。少しでも楽しく喜びを感じながら節約する方法を自分なりに工夫することはできないでしょうか。